FC2ブログ
影に集う猫の夢

2018-11-26(Mon)

分岐


「事情」と「お金」が支配する街の子は
意思と知恵でもって道を探す

決めるのは「神様」
賽子振ってそれで決めていく

「事情」と「お金」が支配する街で
大人が子どもを所有した

見ているのは「神様」
糸を引いてそれで決めていく


枝分かれしている道を辿り辿って
巡り巡って交差して
繋いで紡いで
 これから を話し合おう

「神様」はただ微笑んで見ている
表情のない顔でただ見ている

出逢って別れてその先を
たくさんが創るひとつを
たくさんが壊したひとつを

所有されていた子どもが大人に成れるか
それでも、一人で立つ

たくさんが支えているから
これまでとお別れできるから

おはなししようよ、これからを
「神様」が見守り見捨てるこの街で

創りあげたいのは自分の甘いお城
「神様」が望もうと望むまいと

小さなお城で描いた夢を
白いパレットに落とし込む

描くのは
所有されない子どもが筆を執る

×印だらけの計画書
「神様」は道を見せているようだ

きっとここは通り道
そしていつまでも帰り道

帰る場所があるから進める
「神様」は見届ける

道の先で待ってる

2018-11-14(Wed)

イツカ、

いつか 、 さよなら。

声を失くすひよどりは、親鳥が言葉紡ぐ
伝える言葉にひよどりは透けてしまって
くらげになる

声を失くしたひよどりは、親鳥が言葉を伝える
要らなくなった言葉を忘れひよどりは溶けていって
いなくなる

さよなら。さよなら。

もう、話さなくていいね。
もう、いなくたっていいね。

親鳥がひよどりに成る。
ひよどりはくらげになる。空気になる。0になる。

いつか、さよなら。

ひとりぼっち、と親鳥は言うの。
しょうがない、と一緒にいた。
なぁなぁなぁで、いた。
それで、
ひとりじゃないことを知った。
ぴちちとこぼした。
目を伏せた。

おはなししようよ、とひよどり笑うの。
たのしいねって、ふくろうさんも笑う。
まだまだまだで、ない。
それで、
親鳥がもってった。
声も出ないの。
心も凍るの。

いらないの。

自虐交じりに、利害関係それだけって
ぴちちとなくの。
せめておうちでたのしませて。

きっと羽根をむしられて
海月になるの。
空気になるの。


いつも、さよなら。

2018-11-11(Sun)


さよならと

呟く声と

向日葵と



気付かない

声を失くして

ネメシア

2018-11-11(Sun)

モノガタリ


モノは語ります。
アナタは嗤うでしょうけど。

大切にされて
いっぱい「見えないモノ」が詰まって
溢れかえったあの子たちは話してくれます
これまでとこれからを

物は語ります。
あたしは受け容れます。

愛されて
いっぱい「心揺さぶるモノ」を詰め込まれて
溢れかえったあの子たちは教えてくれます
これまでとそのおもいを


あたしは伝えます。
誰もが白い眼と畏怖を向けようとも。

あたしは声を張り上げます。
あのこたちをまもれるなら。

大切にされて
いっぱいたくさん「あたたかな想い」を詰め込んでもらった
溢れてもなお注がれ続けるあたしは話します

これまでとこれからと

胸いっぱいの想いを

次に繋げていきたくて

本に書かれた「らくがき」
指でなぞるたびに伝えてくれます。
それでも、さよならです。

あたしはそれすらも伝えます。
いつか痛くなってしまっても。



語り繋いで
声を聴いて届けて


物が、語る
故に

2018-11-11(Sun)

食事

ちいさな棺にのってやってきます

「いただきます。」

キミが嬉しそうに言うから

ボク、食べられることにしたんだ

でも、たくさんの仲間は

捨てられます。

何にも成れないまま

なくなってしまいます。

「美味しそう」

その言葉と差し出される金属のモノ、紙のモノ

その重みは命より重いのかな

ちいさなお皿という棺に綺麗な衣装を纏いのせられて

今日も運ばれていきます。

何かに成る為に


でも、

できることなら

ずっと
カウンター
ブログランキング
良ければ押してあげて下さい

FC2Blog Ranking

プロフィール

影の黒猫

Author:影の黒猫
隠れ家的なブログになればいいかな、と思います。
感じたモノをそのまま影でも明るいのも取り繕う事無く、
自由に描きたいように並べています。
コメント等お気軽にどうぞ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog